毎年1回、更新時にやらないと損ですよ!

自動車保険で困る

自動保険の更新は毎年一度やってきます。

 

加入している保険会社から更新のお知らせが届くと、面倒くさくてそのまま放置。。満期ギリギリになって慌てて更新手続き・・・なんてしていませんか?!

 

ハッキリ言って、かなり「損」をしていますよ。

 

数ある自動車保険から、最安の保険をシミュレーションできる「自動車保険比較サイト」を活用しましょう!

 

安くてあなたにピッタリの保険を、ネットでカンタンに試算してくれます。

 

自動車保険はシミュレーションで安くなる!最安の自動車保険を【無料】で試算します!

保険料の見積り・シミュレーションは… コチラのサイトの査定が高いです!

 

ネットの一括見積もりなら、最短4分で結果が出るほどカンタンなんです!
しかも、複数社の査定結果はウェブ上の一覧表で比較できるので、最安の保険会社が一目瞭然です。

 

見積もりの詳細はメール又はハガキで通知されますので、あとは細かい条件を確認すればカンペキ。あなたにピッタリの自動車保険を選ぶことができます。

 

まずは、こちらのオススメサイトで概算の保険料を試算してみましょう!

賢いドライバーは使っている!人気の高い一括見積りサイト

ズバット!自動車保険比較

ズバット 見積もり

自動車保険の見積もりで、すごく評判がいい一括査定サイト。最大21社から自動車保険の最安値をズバット判定します!

 

パソコン・スマホで申し込んで、査定がすぐ一覧表で見れる!便利で安いところが一発でわかっちゃうよ。見積もり結果がスグわかり、比較しやすい一覧表で表示される点が、とても評判が良い比較サイトです。

 

ズバット!で自動車保険をシミュレーションする!

 

 

価格.com 自動車保険

価格.com 自動車保険見積もり

モノの価格を比較するなら、やっぱ「価格.com」ですよね!安いと評判の12社は、参加を厳密にクリアした業者なので出てくる見積もりもかなり格安です。
こちらは入力が5分で完了!カンタン項目だけで概算見積もりが取れます。なんと5万円以上安くなった事例もあるとか!キャンペーンも人気です♪

 

価格.com で自動車保険をシミュレーションする!

 

 

保険スクエアbang!

ban! 自動車保険見積もり

保険の見直し・乗り換えで実績のある会社です。
自動車保険は累計300万人が利用しているのが信頼の証です。
安さ+サービスのバランスを重視して決めたい方に最適な査定結果です。

 

保険スクエアでで自動車保険をシミュレーションする!

 

【一括見積サイトでシミュレーションできる保険会社は?】
あいおいニッセイ興和/アクサダイレクト/朝日火災/アメリカンホーム保険/イーデザイン損保/AIU保険/SBI損保/共栄火災/セコム/セゾン/ゼネラル/ソニー/損保ジャパン/そんぽ24/チューリッヒ/東京海上/日新火災/富士火災/日本興亜損保/三井住友海上/三井ダイレクト/

 

※僕はこの2つの一括見積もりサイトを併用します。提携してる保険会社が多少違うからです。サイト内の満足度ランキングやお客様の声も参考にして、どこにするか決めています!

 

利用するのはどちらも無料ですし、営業の電話とかもきません。(見積もりの結果はメールとハガキできます)
どちらかに決めたら、あとはメールを解除すればOKですから。

 

※一括見積もりで最安値を探す ⇒ ランキングで評価を確認!これでカンペキですね!!

 

シュミレーションで格安な自動車保険を選ぶコツ

自動車保険を試算

「自動車保険を試算して決めたい」

「いまの保険は高いの?安いの?」

 

そのような疑問をお持ちの時、とても役立つのが複数社の見積もりが
同時に取れるのが、自動車保険の試算ができるサービスです。

 

ネットで見積もりする時に、いろいろ条件を入力するわけですが、自動車保険が安くなる選び方のコツがありますので、参考にしてください。

 

ダイレクト型(通販型)の保険は安い

従来の保険は「代理店型」と呼ばれる形もので、経費がかかる分保険料も割高でした。
最近流行のダイレクト型保険は手続きをネットで済ませるなどコストダウンして保険料を安くしました。

 

ただし、サービスの面での違いもあるのもありますので、まずはネットで試算してみて、そのあたりの違いを念頭に置き、比較検討してみましょう。

 

保険料を左右する条件を見直す

自動車保険はさまざまな条件で掛け金が決まります。大きな要素は、運転者の限定・年齢、車両保険ですが、その他にも条件がたくさんあります。それを1社1社やっていたら大変なので、概算の見積もりで幾つかに絞り、細かい条件を比較してみましょう。

 

ネットの割引を最大限利用しましょう

各社ともネットでの契約に力を入れてます。なので「ネット割引」とか「保険証書を発行しない割引」など割安になる制度があります。

 

その点でも、ネットの見積もりサイトは利用価値アリですね。そちらで試算して、安くなる保険会社とネットで系やすれば、お金と時間の両方の節約になりますよ。

 

自動車の任意保険は1年毎の契約なので、見直しもその都度行うべきです。
各社の条件で年齢や走行距離のキザミが違っていたり、サービスや特約の改定がなされているケースもあるんですよね。

 

だから、去年やったからいいや〜ではなくて、更新の時は見直した方が断然お得です。お小遣い程度でも、確実にお金が安くなりますからね☆

 

ドライバーの年齢別で自動車保険をシミュレーションしてみる

自動車保険 世代別

自動車保険の保険料の審査に関わるいくつかの重要な条件の中でも、運転者の年齢があります。

世代別にライフスタイルも違いますし、家族の構成にも変動がありますからね。

 

だから、将来のことを考えると世代別の保険料をシミュレーションシてみることも大切になります。

 

例えば、20代のドラーバーですと、まだ独身の方が多いでしょう。家族の心配がない分、事故を起こす危険が多いのも若い世代ですので万が一の時に備えて補償を手厚くしておきたいものです。

 

30代になると小さいお子さんが生まれ、家族で出かけるシーンも増えるでしょう。週末のドライブが主でしょうから、ロードサービスなどの充実度もポイントになります。

 

40代ですと、子供が高校生から大学生など進学にや教育資金が重くのしかかる世代です。家計をすこそでも減らしたく。自動車保険料も低く抑えていところです。

 

50代になるとお父さん・お母さんは安全運転常連者でゴールド免許の割引になるでしょう。一方で子供が免許を取ると家族限定にして負担が増えることにも注意ですね。

 

60代以上ですと、健康な方でも運動神経の低下などで事故の確立が高くなります。保険料も高くなりますが、高齢者限定のコースなどを検討してみてはいかがでしょうか。

 

このように、ドライバーの世代別でも自動車保険の意味合いが違ってきます。やはり毎年の更新時期には、その時々の条件で最適な保険を選ぶ工夫が必要ですね。ドライバーの年齢(世代)を考えて、任意保険の試算をしてみましょう。

保険料の一括見積もりして、その後どうする?

こちらで紹介した3つの自動車任意保険の見積もりサイトは、それぞれネットでもとても評判の良い、おすすめのサービスです同じ条件で見積もりしているので、保険料が最安の保険が一目でわかりますよね。

 

とにかく節約したいから一番安いところで契約!という場合はそのまま契約すればOKですが、口コミなどが気になる人もいますよね。

 

あと保険料もあまりにも安いと逆にちょっと心配だぁ〜という人も。。「松・竹・梅」で言うと「竹」を選ぶ、みたいなっ(・_・;)それで、自分にピッタリの自動車保険の選び方を考えました。

 

まず保険料で比較して、割安の保険をいくつか選びます。そのとき、概算の見積もり金額は出てますけど、細かい条件は保険会社によってズレがあるので
注意が必要です。

 

各社のウェブサイトにログインして、年齢条件とか特約・走行距離といった詳細条件を確認したほうがいいですね。少しでも安くしたいなら…。

 

あとは特約やロードサービスで余計なものが入ってないか確認します。金額的には小さくても、無駄なものはムダなのでね。

 

それで2〜3の候補に絞って、あとは見積もりサイトで保険会社の口コミを一応みています。これは参考程度ですが。。

 

車保険 選び方

 

見積もりで安くなった

気になる事故対応の部分ですが、この判断は難しいですよね、事故を起こしてしまった人の評価も載ってますが、それぞれ状況が違うとも思いますので、なんとも言えない感じがします。

 

よく、代理店型の保険はしっかりしていて通販型はダメ、という意見もありますが、それもどうかと私は思いますよっ。事故対応がキチンとできない保険会社が日本で営業できていると思えないので…少なくとも、一括見積もりのサービスに参加できている時点で、必要な対応はしれくれる会社だと、私は信じています(・へ・)

 

そんな感じで総合的に納得できたところで契約するようにしています。
保険料が微妙で迷った時は、満足度ランキングで上位の方とかにしてるかな。

 

その結果、ここ数年は毎年バラバラです。でも等級もちゃんと引き継いでくれますから、まったく問題ありませんよ〜(^w^)
ご参考になればっ!

毎年の更新・見直しの都度、自動車保険を見積もり価値がある

自動車を持っている方ならほぼ100%加入している「自動車保険」(任意保険)。これがなかなか負担が大きいんですよね・・・
保険と名のつくものは、はなるべく節約したい派のワタクシなんですが、そろそろ恒例の自動車保険更新時期が迫って参りました〜(^^;;

 

今年も無事、無事故で過ごすことができたので、来年はさらに保険料が下がっていることでしょう(?)!と期待しつつ、さらに安くなる保険会社がないか、一括見積もりで比較してみるつもりです。普通の自動車保険は1年で更新になりますので、下の条件に当てはまる場合は見直しした方がお得になりますよ。

 

例えば、転勤や引越しで通勤に車を使わなくなった時。条件を通勤からレジャーに切り替えるとかなり保険料の節約になります。

 

あとは免許の色がゴールドになった時。オメデトウ。ゴールド免許の割引が適用されます(^O^)
子供が社会人なったり独立して自動車保険からはずしてよくなると、これもかなり安くなるポイント。本人限定か配偶者限定にできますからね。

 

逆に、新車に買い換えた場合はちょっとコワイですね。特に高級車や外車などは車両保険で高くなるケースも・・・

 

でも、最近の流行のエコカーや安全性能が高いクルマですと、いろいろ割引対象にもなります。更新の時期にはなったら、他の保険と比較するなどしてジックリ検討してみましょうね。

毎年見直しが必要です!自動車保険更新の時期とは?

最近は自動車保険に限らず「保険を見直しましょう!」というテレビCMを見るようになりましたよね。

 

不景気が続いてるので家計を節約したい、というのもあるでしょうが、インターネット型の保険が増えたことで任意保険もドンドン新しくなっていますからね。

 

特に、自動車保険は1年更新の場合がほとんど。
毎年の更新時に、その都度見直しすることで、保険料がかなり安くなることに、みんな気づいたんですね〜(ノ゚ο゚)ノ

 

自動車保険の掛け金は、車の用途・車種・運転者の年齢・等級・特約などの条件で決まります。
つまり年齢など毎年状況が変わりますので、保険の見積もりをすることで、契約内容を見直して無駄な部分がないか確認することが必要なのです。

 

ネットの見積もりサービスなどで、まずは任意保険の査定をして、あとはネットの評判などで納得すれば、とてもいい契約ができるんですよ!

 

【自動車保険を見直しすべきタイミング】
  • 自動車保険を見なおしたことがない!(ずっと更新)
  • 年齢条件を超えた(35歳とか)
  • 運転する家族が減った(子供の独立など)
  • 車を乗り換えた
  • ゴールド免許になった
  • 友達、ディーラーの義理で入った保険だ

 

該当する方は、今スグ自動車保険の見積もりをしてみましょう!
オススメの自動車保険・一括見積もりサイトを紹介しています!

まとめ

自動車保険の見直し、毎年しっかり行っていますか?!「試算してみようかな?」と検索されて当サイトにいらっしゃた方なので、保険料の高さに疑問を持っていらっしゃいます。

 

そのような方に、安くて適正な保険を試算できるサービスをご紹介しましたすべての見積もりサイトだけで完了(来店不要)、もちろん納得いかなければ契約しなくてOKです。無料ですから、何回でもご利用ください。

 

年間の保険料で少しでも節約できれば、何年後かには大きな金額になっているはずですよ。

 

保険ってなんだか難しくて、契約の時でも約款とか見るの嫌ですよね。いままでは営業マンの言われるがママって人も多かったですけど、保険の高さにみんな気づき始めてんですね。

 

いまでは保険の見直しをすることで、かなりの節約になることは常識。自動車保険だと、特約とか割引を上手に工夫すると数万円単位で保険料が安くなるからね〜。
その点でも、ネットの自動車保険一括査定のサイトは利用しないともっったいないと思いますよ!

 

2019/03/04 15:56:04 |
私は、みんなの口コミとかで評価が良い保険にしようと思って、自動車保険のランキングをよく見ています。先日、事故対応についての自動車保険(任意保険)ランキングがあってユーザの方の評価なので、参考になりました。J.D.パワー アジア・パシフィックという会社の調査だそうです。【自動車保険の事故対応で顧客満足度ランキング】AIU保険イーデザイン損保日新火災海上保険4位:アメリカンホーム保険5位:日本興亜損害保険6位富士火災海上保険7位:東京海上日動火災保険8位:三井住友海上火災保険9位:ソニー損害保険・・・という結果(ランキング)になっていました。ランキングの要素は、保険金の支払・事故受付体制・事故対応...
任意保険ランキング
2019/02/06 15:57:06 |
自動車保険の満期が迫ってくると、今度はどこの保険会社がいいのかなぁ〜って調べたりしますよね。任意保険の満足度ランキングもいろいろ発表されていて参考になるのですが、結局どこが一番いいの?って悩んじゃうんですっ (・_・;) (保険会社っていっぱいありすぎでしょっ?!自分にピッタリの任意保険を選ぶには、まずはウェブで一括見積もりをするのがは必須だと思います。もう常識ですよね。。同一の条件で見積もりするので、最安の保険料比較が一発でできるからです。中には、あまり安いと逆に心配になる方もいますよね。(私もそうです・・・)「事故の時の対応とか、大丈夫なのかぁ〜」ってことです。。そこで私はこんな手順で保険...
車保険安い
2019/01/30 11:47:30 |
保険と名のつくものは仕組みが複雑で、素人にすると難解極まりないものです。中でも比較的身近に感じられて、向こう1年間で保険に該当する事象が発生するとしたら、間違いなく自動車の事故が確率的には高くなるでしょう。そうであるならば、自動車保険の内容をしっかり理解した上で、補償内容が同じなら保険料は安い会社を選びたいと考える人が多くなってくることでしょう。自動車保険に限らず、保険も詳しく調査して他社との比較をすることによって、安くなるのが当たり前の時代に入ってきております。実際に保険サービスの会社が行ったデータによると、保険を選ぶときに重視いたポイントとして、「保険料の安さ」を項目として挙げた方が、実に...
車保険 更新
2019/01/17 11:47:17 |
自動車保険に加入するのは新しく車を買った時、毎年の更新時期の見直ししてみるなどの場面があります。私も初めて車を買った時(新車じゃなくて中古車でしたが…)、ディーラーさんに保険会社を薦められた覚えがあります。それまで親の保険に入っていたので、抜いてもらって同じ保険会社(損保ジャパン)で契約しました。そんな感じだったので、見積もりを取って比較する・・・なんてことはしなかったですね。今かんなが得ればもったいないことしてたなぁ〜新車をかった時の保険加入新車を買ったときは間違いなくディーラーさんのおすすめ保険を紹介されると思います。車を買った営業マンだとつい入ってあげたい気持ちになるけど、そこはグッとガ...
2019/01/14 11:37:14 |
自動車保険の業界も外資系とかダイレクト系の保険が参入してからだいぶ料金が安くなりました。それとやっぱりネットの発達ですね。インターネットの見積もりサイトができてから劇的に安くなったと思います。やっぱりどんな世界でも競争が必要ですね。お影様で、消費者は助かっています(笑)見積りサービスの会社に感謝ですね__| ̄|○※当サイトに関するご連絡はこちらへお願い致します。