毎年1回、更新時にやらないと損ですよ!

自動車保険で困る

自動保険の更新は毎年一度やってきます。

 

加入している保険会社から更新のお知らせが届くと、面倒くさくてそのまま放置。。満期ギリギリになって慌てて更新手続き・・・なんてしていませんか?!

 

ハッキリ言って、かなり「損」をしていますよ。

 

数ある自動車保険から、最安の保険をシミュレーションできる「自動車保険比較サイト」を活用しましょう!

 

安くてあなたにピッタリの保険を、ネットでカンタンに試算してくれます。

 

 

自動車保険はシミュレーションで安くなる!最安の自動車保険を【無料】で試算します!

保険料の見積り・シミュレーションは… コチラの会社が人気です!

 

 

ネットの一括見積もりなら、最短4分で結果が出るほどカンタンなんです!
しかも、複数社の査定結果はウェブ上の一覧表で比較できるので、最安の保険会社が一目瞭然です。

 

見積もりの詳細はメール又はハガキで通知されますので、あとは細かい条件を確認すればカンペキ。
あなたにピッタリの自動車保険を選ぶことができます。

 

まずは、こちらのオススメサイトで概算の保険料を試算してみましょう!

賢いドライバーは使っている!人気の高い一括見積りサイト

ズバット!自動車保険比較

ズバット 自動車保険シミュレーション

自動車保険の見積もりで、すごく評判がいい一括査定サイト。最大21社から自動車保険の最安値をズバット判定します!

 

パソコン・スマホで申し込んで、査定がすぐ一覧表で見れる!便利で安いところが一発でわかっちゃうよ。見積もり結果がスグわかり、比較しやすい一覧表で表示される点が、とても評判が良い比較サイトです。

 

ズバット!で自動車保険をシミュレーションする!

 

 

価格.com 自動車保険

価格.com 自動車保険シミュレーション

モノの価格を比較するなら、やっぱ「価格.com」ですよね!安いと評判の12社は、参加を厳密にクリアした業者なので出てくる見積もりもかなり格安です。
こちらは入力が5分で完了!カンタン項目だけで概算見積もりが取れます。なんと5万円以上安くなった事例もあるとか!キャンペーンも人気です♪

 

価格.com で自動車保険をシミュレーションする!

 

 

保険スクエアbang!

保険スクェアban 自動車保険シミュレーション

保険の見直し・乗り換えで実績のある会社です。
自動車保険は累計300万人が利用しているのが信頼の証です。
安さ+サービスのバランスを重視して決めたい方に最適な査定結果です。

 

保険スクエアでで自動車保険をシミュレーションする!

 

【一括見積サイトでシミュレーションできる保険会社は?】
あいおいニッセイ興和/アクサダイレクト/朝日火災/アメリカンホーム保険/イーデザイン損保/AIU保険/SBI損保/共栄火災/セコム/セゾン/ゼネラル/ソニー/損保ジャパン/そんぽ24/チューリッヒ/東京海上/日新火災/富士火災/日本興亜損保/三井住友海上/三井ダイレクト/

 

※僕はこの2つの一括見積もりサイトを併用します。提携してる保険会社が多少違うからです。サイト内の満足度ランキングやお客様の声も参考にして、どこにするか決めています!

 

利用するのはどちらも無料ですし、営業の電話とかもきません。(見積もりの結果はメールとハガキできます)
どちらかに決めたら、あとはメールを解除すればOKですから。

 

※一括見積もりで最安値を探す ⇒ ランキングで評価を確認!これでカンペキですね!!

 

シュミレーションで格安な自動車保険を選ぶコツ

自動車保険を試算

「自動車保険を試算して決めたい」

「いまの保険は高いの?安いの?」

 

そのような疑問をお持ちの時、とても役立つのが複数社の見積もりが
同時に取れるのが、自動車保険の試算ができるサービスです。

 

ネットで見積もりする時に、いろいろ条件を入力するわけですが、自動車保険が安くなる選び方のコツがありますので、参考にしてください。

 

ダイレクト型(通販型)の保険は安い

従来の保険は「代理店型」と呼ばれる形もので、経費がかかる分保険料も割高でした。
最近流行のダイレクト型保険は手続きをネットで済ませるなどコストダウンして保険料を安くしました。

 

ただし、サービスの面での違いもあるのもありますので、まずはネットで試算してみて、そのあたりの違いを念頭に置き、比較検討してみましょう。

 

保険料を左右する条件を見直す

自動車保険はさまざまな条件で掛け金が決まります。大きな要素は、運転者の限定・年齢、車両保険ですが、その他にも条件がたくさんあります。それを1社1社やっていたら大変なので、概算の見積もりで幾つかに絞り、細かい条件を比較してみましょう。

 

ネットの割引を最大限利用しましょう

各社ともネットでの契約に力を入れてます。なので「ネット割引」とか「保険証書を発行しない割引」など割安になる制度があります。

 

その点でも、ネットの見積もりサイトは利用価値アリですね。そちらで試算して、安くなる保険会社とネットで系やすれば、お金と時間の両方の節約になりますよ。

 

 

自動車の任意保険は1年毎の契約なので、見直しもその都度行うべきです。
各社の条件で年齢や走行距離のキザミが違っていたり、サービスや特約の改定がなされているケースもあるんですよね。

 

だから、去年やったからいいや〜ではなくて、更新の時は見直した方が断然お得です。お小遣い程度でも、確実にお金が安くなりますからね☆

 

世代別で自動車保険をシミュレーションしてみる

自動車保険 世代別

自動車保険の保険料の審査に関わるいくつかの重要な条件の中でも、運転者の年齢があります。

世代別にライフスタイルも違いますし、家族の構成にも変動がありますからね。

 

だから、将来のことを考えると世代別の保険料をシミュレーションシてみることも大切になります。

 

例えば、20代のドラーバーですと、まだ独身の方が多いでしょう。家族の心配がない分、事故を起こす危険が多いのも若い世代ですので万が一の時に備えて補償を手厚くしておきたいものです。

 

30代になると小さいお子さんが生まれ、家族で出かけるシーンも増えるでしょう。週末のドライブが主でしょうから、ロードサービスなどの充実度もポイントになります。

 

40代ですと、子供が高校生から大学生など進学にや教育資金が重くのしかかる世代です。家計をすこそでも減らしたく。自動車保険料も低く抑えていところです。

 

50代になるとお父さん・お母さんは安全運転常連者でゴールド免許の割引になるでしょう。一方で子供が免許を取ると家族限定にして負担が増えることにも注意ですね。

 

60代以上ですと、健康な方でも運動神経の低下などで事故の確立が高くなります。保険料も高くなりますが、高齢者限定のコースなどを検討してみてはいかがでしょうか。

 

このように、ドライバーの世代別でも自動車保険の意味合いが違ってきます。やはり毎年の更新時期には、その時々の条件で最適な保険を選ぶ工夫が必要ですね。ドライバーの年齢(世代)を考えて、任意保険の試算をしてみましょう。

自動車保険の見直し、毎年しっかり行っていますか?!「試算してみようかな?」と検索されて当サイトにいらっしゃた方なので、保険料の高さに疑問を持っていらっしゃいますよね。
そのような方に、安くて適正な保険を試算できるサービスをご紹介します。すべてサイトだけで完了、もちろん納得いかなければ契約しなくてOKです。無料ですから、何回でもご利用ください。年間の保険料で少しでも節約できれば、何年後かには大きな金額になっているはずですよ。